海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

特定技能2号とは

2019年4月に産業界の大きな期待を受けて、特定技能ビザがスタートしました。特定技能ビザは日本の労働人口の減少に対応するために生まれた「就労ビザ」で、人手不足を補うことを目的としています。仕事内容は技能実習と似ていますが、何が違うのでしょうか。

技能実習と特定技能の違いとは2019年4月に始まったばかりの特定技能は、しばしば「技能実習ビザ」との違いが取り上げられます。この大きな違いは、技能実習はあくまで「実習」であり就労ではないという点です。開発途上国出身の方に日本の高い技術を実習を通じて伝え、その後その技術を母国に持って帰り母国の発展に寄与してもらうという国際貢献なのです。

しかしそうはいっても、実習を行う日本の企業側は人手不足を補うために技能実習生を頼りにしているケースが多く、「労働者のように働いているが就労ではないため賃金が低い」「せっかく技術を教えても、数年で帰国してしまう」「双方の強い希望があったとしても日本に永住することはできない」など様々な問題点がありました。それを解決すべく生まれたのが特定技能ビザです。

特定技能2号とは

特定技能ビザには1号と2号の2種類があるのでその違いを見てみましょう。特定技能1号ビザには2019年10月現在14業種が指定されていますが、特定技能2号ビザに指定されているのは1)建設業 2)造船・舶用工業の2種類のみです。
そのため特定技能ビザ1号を修了しても、この二つの業種以外は2号ビザに切り替えることはできないため注意が必要です。
また特定技能ビザ1号では在留期限が通算5年と定められているのに対し、特定技能2号は要件さえ満たしていれば更新が可能であり、更新回数の制限もありません。つまり特定技能2号は、長期での労働力としての期待がかかっています。また特定技能2号は、1号では認められていない家族の帯同も許可されているのも大きな特徴です。
2019年4月に始まったばかりの特定技能ですが、2号は特に「長期で日本で働く」ことが実現する産業界待望のビザです。しかし1号に比べると2号は業種も限定的なため、1号を終えたからといって皆が2号に移行できるわけではありません。そこの仕組みをしっかり理解した上で、長く働いてもらえる環境を整えていきましょう。

この記事をシェアする

コメント / 投稿

承認されたものから表示されます。