海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

技能実習生はどこに住む? 住まいに関するルールと住居形態

技能実習生の住居は雇用主が提供する義務があります。住居を提供する場合、どのような決まりがあるのでしょうか?

外国人技能実習機構で定められた住居のルールと注意点

実習生の住居として定められたルール

外国人技能実習機構のルールでは、技能実習生が住む場所は以下のように定められています。
  • 実習生が生活する住居の部屋の広さは原則「1部屋について2名以下」
  • 1人当たりの寝室床面積は4.5平方メートル(3帖以上)
  • LDKなど共用部分は生活導線から区切られている場合に限り、寝室としての利用が可能

住居に関わる費用負担に関して

借り上げ物件の場合は敷金礼金などの初期費用は受け入れ企業が負担します。寮費・光熱費は実費を超える部分の徴収はできません。

また、共同生活の場合、電力会社などからの請求先は会社宛てとし、請求額を当該寮または社宅に住む技能実習生の人数で頭割りして、徴収することができます。

決められた住宅設備

住宅では消火設備を設置しなければなりません。また、寝室を2階以上に設ける場合には、避難階段などを設けましょう。

技能実習生が生活するにあたり、最低限の家電用品(洗濯機、冷蔵庫等)、キッチン用品などを用意する必要もあります。さらに、実習生が母国の家族や時間外に監理団体や実習実施者と連絡を取ることができるように、通信環境を整えることも必須。

実際に実習生はどこに住んでいるの?

借り上げ物件(アパート)

技能実習生が実際に住んでいるところで一番多いのが、雇い主である企業が人数相当の広さのアパートを借りて、彼らの住まいとするケースです。

受け入れ企業は、技能実習生が住むのに適した物件探しや、その後のアパートの管理などを業者に依頼することで手間を省くことができます。

同じアパートに一般の住居者がいる場合、居住マナーやルールについての配慮が必要になります。

借り上げ物件(一軒家)

一度の受け入れで技能実習生の人数が4名以上になる場合や、毎年同じ時期に技能実習生を受け入れる企業では、一軒家を借りる場合もあります。一軒家で一緒に暮らすことにより、仲間意識が芽生え、日本の生活様式にも馴染みやすいというメリットがあるでしょう。その一方で、同じ家に4名以上で暮らす場合、大きな声や音楽のボリュームに注意するなど、近隣の自治体のルールやマナーに配慮する必要があります。

寮、社宅(自社物件)

建設業界の受け入れ企業で多く見られるのは、日本人も住んでいる社員寮に技能実習生も住むこと。日本人社員との距離が近い環境に住むことで、同じ企業で働く仲間としての連帯感が生まれやすいというメリットがあるでしょう。その反面、職場と社宅で同僚と常に一緒にいる場合、技能実習生のプライベートな時間を配慮する必要があります。

アパート、一軒家、寮や社宅には、それぞれメリットとデメリットがあります。受け入れ企業はそれらを総合的に評価して、技能実習生の住居を選びましょう。

この記事をシェアする

コメント / 投稿

承認されたものから表示されます。