海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

特定技能取得のための「技能検定試験」とは

特定技能1号とは

2019年4月よりスタートした「特定技能1号」は、数年の技能実習を優秀な成績で終えた者のみに与えられる就労資格です。あくまで「実習」というくくりの技能実習とは違い、労働力として認められるため、人手不足の業界にとっては救世主的なビザとして大きな期待と注目を集めています。  

特定技能とは

特定技能ビザを取得するには「技能実習の修了」「特定技能評価試験の合格」の2種類があります。特定技能は技能実習とは異なり、実務レベル・日本語レベル共に一定以上の基準をしっかりとクリアする必要があります。 この記事では「特定技能評価試験」に必要な「特定技能に必要な日本語レベル」「特定技能に必要な技能検定試験」の二つを詳しく解説します。現在技能実習生を雇っている雇用主も将来的に特定技能ビザでの雇用を考えている方も、ぜひしっかり押さえておきましょう。

特定技能評価試験で求められる日本語レベル

  技能実習生として来日する際にはほとんど問われなかった日本語レベルですが、特定技能のビザを取得するには明確に決められています。2種類の日本語テストが受講可能なので、早速見てみましょう。

日本語能力検定試験 N4以上

毎年7月と12月の年に2回のみ実施日本語能力をはかるテストとしては最も多くの受験者数を集めています。 「基本的きほんてきな日本語にほんごを理解りかいすることができる」とされていますが、会話だけでなく漢字も含めて読むことも求められます。

・基本的な語彙や漢字を使って書かれた日常生活の中でも、身近かな話題の文章を読んで理解することができる ・日常的な場面で、ややゆっくりと話される会話であれば、内容がほぼ理解できる

「国際交流基金日本語基礎テスト(A2レベル以上)

国際交流基金日本語基礎テスト(Japan Foundation Test for Basic Japanese, 略称:JFT-Basic)は、主として就労のために来日する外国人が遭遇する生活場面でのコミュニケーションに必要な日本語能力を測定し、「ある程度日常会話ができ、生活に支障がない程度の能力」※があるかどうかを判定することを目的としています。

また「特定技能1号」を得るために必要な日本語能力水準を測るテストとしても活用され、特定技能に必要なレベルはA2です。A2はこのようなレベルになります。

  ・ごく基本的な個人的情報や家族情報、買い物、近所、仕事など、直接的関係がある領域に関する、よく使われる文や表現が理解できる。

・簡単で日常的な範囲なら、身近で日常の事柄についての情報交換に応ずることができる。

・自分の背景や身の回りの状況や、直接的な必要性のある領域の事柄を簡単な言葉で説明できる。



  どちらにおいても「日常生活にはほぼ困らない日本語」「漢字の簡単な読み書きができるレベル」を求められます。

技能水準テスト

「特定技能評価試験」の中の「技能水準のテスト」は各職種ごとに業界団体が国が求める基準を元に作成します。「即戦力として働けるだけの知識と経験がある」ことが重視されます。

◆受験資格:令和2年3月31日までは以下のような経歴がある外国人は受験ができませんでしたが、令和2年4月1日以降はこれらは撤廃されました。
(1)中長期在留者でなく,かつ,過去に日本に中長期在留者として在留した経験がない方
(2)退学・除籍処分となった留学生
(3)失踪した技能実習生
(4)在留資格「特定活動(難民認定申請)」により在留する者
(5)在留資格「技能実習」による実習中の者

業界ごとに求められる基準

各業界のテストの内容や求められるレベルは、国と各業界団体のとりまとめによって異なります。具体的には以下のページでご確認ください。 介護 ビルクリーニング 素形材産業 産業機械製造業 電気・電子情報関連産業 建設 造船・舶用工業 自動車整備 航空 宿泊 農業 漁業 飲食料品製造業 外食業 

まとめ

元々かなり細かな規定があった特定技能ですが、しかし令和2年4月1日以降は上記は撤廃され、「在留資格を有する外国人」なら誰でも受験可能と大幅に緩和されました。これによりかなり多くの外国人に門戸が開かれるようになりました。2019年4月にスタートした特定技能は、コロナの影響は送り出しの国の問題などもあり目標受け入れ人数に全く届いていません。この状況が長引くことで産業界にも影響が出るため、資格を緩和されたと言われています。逆に言うと今まで特定技能ビザの検討ができなかった外国人にもチャンスができたので、ぜひ広くチャレンジすることをお勧めします。

この記事をシェアする

コメント / 投稿

承認されたものから表示されます。