海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるガイドブック

検索
海外人材Times

GLEの研修センター、実践的な介護業務のための施設機材を拡充

2022

2022.07.08

介護技能実習向け設備を拡充

株式会社GLEの運営する関東研修センターでは、介護職の技能実習向けの設備機材を拡充したと2022年6月27日に発表しました。受講した実習生のインタビューなども配信しています。

より実践に近い講習を受けることができる

研修センターを拡充したのは千葉県の柏校で、介護職として配属予定の技能実習生を対象に、より実践的な介護講習を行える体制を整えることになりました。

使用する機材や設備は、老人ホーム・グループホームなどで使用されている設備と同等のものを導入し、実際の現場と同等の実務経験を学ぶことができます。

講師は、介護福祉士として10年以上の経験を持っているほか、日本語教師も兼任。現場で活かせる日本語を教育しながら、安全を意識するための根拠や説明といった教育にも注力し、具体例を交えながら現場の向き合い方、考え方を理解してもらいます。

日本語講習と技能講習を充実

外国人技能実習生の就業には、「日本語」「技能習得・専門知識」「法的保護」の3つで構成された研修を、本国と日本で合計320時間以上講習を受けることが義務づけられ、介護職はさらに入国後に「介護講習42時間」「日本語講習240時間」の規定が定められています。

同社は、様々な職種の技能講習を取り扱い、基本的なコミュニケーションから実践的な訓練までサポートを行っています。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社GLEのプレスリリース(PRTIMES)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000076177.html

オンライン無料相談バナー画像