海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

広島県が外国人介護人材受け入れのためのガイドブックを作成

2022

2022.04.09

受け入れのためのノウハウをまとめたガイドブックに

広島県が、外国人介護人材受け入れのためのガイドブックを作成したと、3月31日に発表しました。

介護現場への外国人材の受け入れに関しては、「特定技能」や「技能実習」、「在留資格・介護」、「EPA」と4つの制度が存在しています。

広島県は今回、同県内における外国人介護人材の受け入れ事例や、仕事面・生活面・言語面での支援など、外国人介護人材受け入れのためのノウハウをまとめたガイドブックを発行。介護施設などの受け入れの検討時や、受け入れ体制の準備などに活用が可能です。

厚生労働省も活躍支援などに関するガイドブックを提供

厚生労働省も外国人介護職員の受け入れの仕組みと、必要な準備・支援などについて取りまとめたガイドブックを提供しており、実際の事例も確認することができます。

また、公益社団法人日本介護福祉士養成施設協会からは、「外国人留学生への相談支援事例集」や「外国人介護人材を受け入れる介護施設職員のためのハンドブック」、「外国人留学生を受け入れる介護福祉士養成施設向け相談支援体制構築の手引き」、「介護福祉士を目指す外国人留学生等に対する相談支援等の体制整備事業 アンケート調査報告書」など提供されています。

(画像は広島県 ホームページより)

外部リンク

広島県 医療介護基盤課https://www.pref.hiroshima.lg.jp/