海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

技能実習生を絶対コロナにかからせない!実習生が多い職場のコロナ対策

日本人も実習生も同じ!職場では徹底したコロナ対策を

全ての職場で求められるコロナ対策

2021年において、工場やお店、会社や店舗などあらゆる職場で「コロナ対策」は必須となっています。特に工場などの密集が予想される職場で、ひとたびクラスターが発生してしまうと、当然行政の指導が入り、その後の技能実習生の採用計画にも悪影響を及ぼしかねません。だからこそ、徹底したコロナ対策が求められます。

2020年12月31日には茨城県の常総市内の食品加工工場でクラスターが発生し、その大半が外国籍だったと報道されました。技能実習生は日本語が流暢でない人も多いため、日本語の説明では伝わらない場合もあります。また日本人と違い、マスクに慣れていなくてこっそり外してしまうケースもあります。イラストを書いたり、折に触れて伝えるなどして徹底したコロナ対策を行いましょう。

職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト(厚生省作成)

2020年に厚生労働省が、職場でのコロナ拡大を防ぐために「職場に置ける新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト」を作成し、公開しました。主に以下のような項目があります。

  • 咳エチケットの徹底
  • 手洗いなどの徹底
  • 人がよく触る場所の頻繁な消毒
  • 出勤前の体温確認
  • 換気の対策や密を避ける工夫
  • 一時間に2回は窓を開けて換気をする

この中には、「社員の個人個人が日々気をつけるもの」と「事業者側が気をつけてコロナが起きない環境づくりを実現するもの」の二種類があります。さらに多くの項目がチェックリストとして挙げられているので、ぜひ職場に貼って日々の確認を行うようにしましょう。

▷職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト (https://www.mhlw.go.jp/content/11303000/000616869.pdf)

工場で一般的に行われているコロナ対策

2021年現在、工場で一般的に行われているコロナ対策を紹介します。「すでに同じことやそれ以上のことを実施している」という会社も多いと思いますが、参考にしてください。

  • 消毒液をタイムカードのある場所・工場の出入り口・作業部屋の出入り口など各場所に設置し、1日何度もの消毒を促す
  • 朝夕の検温
  • 工場内での終日のマスク着用
  • 全体の換気を一時間に2回程度実施
  • 密にならないように休憩時間をずらして、休憩中もソーシャルディスタンスの徹底
  • 作業服で外出をしない

これらはあくまで一例です。日々様々な注意が促されていますので、積極的に職場に取り入れてましょう。

2021年現在、コロナ対策はどこの企業にとっても最重要課題です。どんな会社でもクラスターが発生すれば大ニュースになってしまう状況ですが「劣悪な環境で働かされているんじゃないか」という社会の目が光る技能実習生が職場でコロナにかかってしまったら、さらに厳しい目が注がれる可能性があります。「自分の会社では絶対にコロナを一人も出さない」という強い決意のもと、職場環境の整備と、実習生たちへの働きかけ・ルールの徹底をしっかりと行なってください。

この記事をシェアする

コメント / 投稿

承認されたものから表示されます。