海外人材Times

外国人労働者の雇用・採用WEBメディア

検索
海外人材Times

Case16 価値観的にあり得ない
〜寮の退去費30万円を請求され、大トラブルに!~

生活関連

2024.06.14

これから外国人材の雇用を予定している人もそうでない人も!!

異なる人種、文化、価値観に触れる時
― 外国人って、どんな人たちなんだろう
― どんなことに気をつけたらいいんだろう
― 日本人や日本の文化をどう思ってるんだろう
などなど、不安や疑問に思うこと、ありますよね。

この記事は、実際に起きた珍事を元に、外国人雇用の現場に携わる人々の戸惑いを描き

「外国人材の皆さんと、どんなふうにコミュニケートしたらよいの?」

のヒントが隠れる、異文化理解の橋渡しを目的としたノンフィクションストーリーです。

合理的にあり得ない
~キャリアアドバイザー青山智香の解明~

ワタシ、青山智香は外国人材を雇用する企業や雇用される側の外国人が抱える課題を解決・サポートする業務に携わっている、いわゆるキャリアアドバイザー。
実はこれまでも珍事の解明のため、全国を飛び回っている(過去の事件はこちらからどうぞ)。

ひとえに
「外国人雇用の現場は予想だにせぬ出来事の連続である」
今日はそうした珍事をつまびらかにしながら、私たちの仕事を紹介していきたいと思う。

不動産会社からのメール

清々しい秋晴れの朝、いつものようにコーヒーを飲んでいると●●株式会社の鈴木さんからの着信だった。

鈴木
「青山さん!おはようございます、鈴木です。急な電話ですみません。ちょっと、お尋ね…というか、相談で。他の会社さんからの紹介で雇用していた技能実習生の問題で恐縮なんですが、先月に退職した実習生の部屋で問題が発生してまして。もしよろしければ、アドバイスをいただきたくお電話しました。いったん、メールを転送しますのでご確認いただけますか?」

随分と慌てている鈴木さん。こんな朝から、一体どうしたのだろう?
PCを開くとちょうどメールの通知欄が光った。


いつもお世話になっております、〇〇不動産の担当××です。
この度、〇〇寮退去にあたり退去費が発生しておりますので下記の通りご連絡させていただきます。


・クロス全般    135,300円
・テープはがし   22,000円
・クッションフロア(CF表記)38,500円
・洋間床      19,800円
①合計金額: 215,600円

・襖 9,900円
・畳 24,750円
・2DKクリーニング 44,000円
・諸経費(清算費用・手続き手数料)6,600円
②合計金額: 85,250円
※こちらの項目は全て3年間の劣化等によるものとなりますので、便宜上②とさせていただきます。

①+② 最終合計金額は300,850円でございます。
今回はそこから敷金の45,000を引いた255,850円がご請求金額となります。



青山
「鈴木さん、読みました。①と②と分かれていますが、①については企業負担というよりは本人負担となる内容かと思われます…。ちなみに、部屋ってどんな状況なんでしょう?写真など送ってもらえれば状況、もう少し掴めると思うのですが」

鈴木
「わかりました!今からこちらにある写真をお送りします」

再びPCの画面が光り、鈴木さんからメールが届く。
添付された写真には、壁にガムテープや釘の跡、タバコの吸い殻が落ちてできた床の焦げ、キッチン周りの汚れなどが写っていた。

通常、3年使用し経年劣化した部屋の修繕費用は企業負担がほとんどで、敷金分を引けば2~5万円程度で収まる。鈴木さんも、実習生たちが帰国し物件を解約した後に高額の退去費の請求書が届いて驚いているようだ。

しかし、どういう理由であれ、こうした費用は企業か本人たちのいずれかで対処する以外に方法はない。


青山
「弊社の案件ではないのでお手伝いすることはできないんですが、例えば組合を通して連絡を取って“実習後の面談”という名目で本人たちを呼び出して、話をしてみるのはどうでしょうか。①の費用については、いったん御社で立て替えるしか方法がないかもしれません…」

鈴木
「そうですよね…。まずは本人たちに連絡を取ってみます。ありがとうございました。また改めてご連絡します!」

足早に電話が切られ、室内に静寂が戻る。
なるほど。ライフサポートがあれば、こうした事案はなかなか起きないのだが…。今は鈴木さんからの続報を待つしかない。

私はいつもの業務に戻った。

退去費の取り立て

1週間後、実習生の2人と鈴木さんで面談し、話がついたとの報告があった。

帰国した技能実習生の2人には、組合を通して連絡をしてもらったが、アドバイスの通り、退去費用が発生していてその話をしたいなどと言えば、逃げてしまう可能性があるため〈実習を終えての面談〉ということで、その場をセッティングしてもらったそうだ。

ちなみに、タバコの吸い殻で焦げた床は室内での喫煙は禁止と言われながらも、こっそり吸っていた中でうっかり落としてつけてしまったものと白状し、壁のガムテープや釘の跡は、窓から入ってくる光を遮るためにそれらでカーテンを留め、つけてしまった跡だったらしい。

そして、技能実習生の2人とは、収入も貯金もなくすぐには支払えないので、企業の方で立て替えてもらって随時、返済していくということで決着したようだった。



これにて一件落着。

とはいえ、外国人雇用の現場はいつもトラブルと隣り合わせだ。
そうしたトラブルを未然に防ぐためにも、寮の巡回や定期面談などのライフサポートは必要不可欠といわざるを得ないだろう。







【外国人材活用にきめ細かなサポートを提供し、日本での就業をより安心に】

(株)キャムテックの「海外人材マネジメントサービス(キャムテックGMSサービス)」は外国人材活用におけるあらゆる業務について相談、代行を請け負うもので「TECH」「JOB」「LIFE」「LEGAL」の4つのサービスを軸にしています。

ストーリー中のキャリアアドバイザー青山智香がおこなう、寮の巡回を含むさまざまなサポートは【LifeSupport(外国人生活支援サービス)】によるもの。
日本で生活する全ての外国人材に、各地の専任担当が必要に応じて安全な生活と細やかな気遣い・サポートを提供しています。

外国人材の活用はすべてキャムテックGMSにお任せください!
詳細はこちらから

外国人採用に関するオンライン無料相談やってます!

  • 雇用が初めてなのですが、私たちの業務で採用ができますか?
  • 外国人雇用の際に通訳を用意する必要はありますか?
  • 採用する際に私たちの業務だとどのビザになりますか?
  • 外国人の採用で期待できる効果はなんですか?

上記に当てはまる企業様は、ぜひ一度ご相談ください。

× 教えてタイムスくんバナー画像