海外人材Times

外国人労働者の雇用・採用WEBメディア

検索
海外人材Times

Case14 価値観的にあり得ない
~寮の巡回ってぶっちゃけどんなことするの?!part.2~

生活関連

2024.05.31

これから外国人材の雇用を予定している人もそうでない人も!!

異なる人種、文化、価値観に触れる時
― 外国人って、どんな人たちなんだろう
― どんなことに気をつけたらいいんだろう
― 日本人や日本の文化をどう思ってるんだろう
などなど、不安や疑問に思うこと、ありますよね。

この記事は、実際に起きた珍事を元に、外国人雇用の現場に携わる人々の戸惑いを描き

「外国人材の皆さんと、どんなふうにコミュニケートしたらよいの?」

のヒントが隠れる、異文化理解の橋渡しを目的としたノンフィクションストーリーです。

合理的にあり得ない
~キャリアアドバイザー青山智香の解明~

ワタシ、青山智香は外国人材を雇用する企業や雇用される側の外国人が抱える課題を解決・サポートする業務に携わっている、いわゆるキャリアアドバイザー。
実はこれまでも珍事の解明のため、全国を飛び回っている(過去の事件はこちらからどうぞ)。

ひとえに
「外国人雇用の現場は予想だにせぬ出来事の連続である」
今日はそうした珍事をつまびらかにしながら、私たちの仕事をご紹介していきたいと思う。

外国人技能実習生の生活実態に迫るpart.2

いつも愛読くださっている皆さん、ありがとうございます!
本コラムもスタートより半年が経ち、たくさんの反響をいただいております。
前回に続き「キャリアアドバイザーの皆さんがやってる寮の巡回、もっと詳しく教えて!」という声にお応えして、今回は私たちが使っている「寮巡回報告書」の一部を公開したいと思います。特に、外国人雇用で生活面の指導にお困りの皆さんは、どんなことに注意するとよいか参考にしていただければと思います。

今日は『住居、健康面』のカテゴリから!!

【住居トラブル関係・健康・メンタルチェックリスト】


1. 部屋や貸与物の汚損・破損はないか。
→通常の生活の中で起こる汚損、破損などは修繕対応しますが、Case5のコラムでもご紹介したように、中には怒りに任せて壁をぶん殴ったなんて人が普通にいます(泣)。他にも、カセットコンロを床に置き、焼肉をしてフローリングを焦がしてしまったり、掃除を怠ってトイレやお風呂、キッチンの排水溝汚損、破損につながってしまったり、正しい使い方の範囲外で貸与物の弁償が発生することは珍しくありません。こうしたことにならないよう注意喚起は心がけていますが、それでも事件は起こります…。



2.水道光熱費等の未払いはないか。
→水道光熱費の支払いは、技能実習生の場合、振込書が届いても日本語が読めないので企業口座引き落としで給与控除がほとんどですが、特定技能だと本人払いも多いです。いずれにせよ、生活インフラに関わることなので未払いになっていないか確認しています。

3.近隣住民とのトラブル(騒音・異臭など)がないか。
→大人数で集まってパーティをするのが好きな技能実習生たち。室内だけでなく、移動時に外で騒いでいたり、自転車小屋などでたむろしたり、近隣住民の方から苦情が来ることも多々。本人が気づかない(いや、気にしない)異臭騒ぎもあるので、掃除やゴミ捨てなどとあわせて指導します。

4.住居者同士のトラブル(喧嘩など)がないか。
→寮は基本的に数名で一部屋に入居するので、共有スペースや、個々人の私物スペースの使い方に本人の性格、趣向など色濃く反映されます。調味料ひとつをとっても、種類、保管の仕方(並べ方)など全く違い、キッチン上で陣地争いが起きていることも。 性格の不一致による喧嘩も十分にあり得るので、寮の部屋割りには気を遣います。

5.他社の社員や異性を勝手に部屋へ入れていないか。
→他社の社員や異性の連れ込みはトラブルの元。厳重に注意喚起をしています。異性問題は、センシティブな事案につながるのでさらに要注意です。

6.住居者から生活に関することで相談を受けたか。
に家に入ってきてほしい(睡眠妨害の相談)といったことや、掃除当番のルールを守っていない人がいる(自身の分担に不満あり)、電気のつけっぱなしをやめてほしい、個々人でご飯を炊くため炊飯器の使い方の相談、折半して新しい調理器具を買いたいなど、挙げ出すときりがありません…。生活面に関することも相談を受け、適切な対応をしていくことがスムーズな就労につながります。

7.ホームシックにかかっていないか。
→母国を離れ、単身で遠い日本にやってくる技能実習生のみんなは、どうしたって心細くなるもの。制度を利用し、仕事をするために来日しているので、簡単には帰れません。
彼、彼女らは日常的に家族や友人にビデオ通話をしています。そうした時間は、私たちコーディネーターも、そっと見守ります。

8.健康状態は良好か。
→Case2でもご紹介しましたが、例えば花粉症など母国で経験したことがない症状に直面してしまうケースや、食事が美味しくて過食を止められず健康診断で異常が認められるケースなど、育った国の環境や食生活は健康面に直結する問題なので、定期的なチェックが必要です。



9.仕事で悩み/不満はないか(上司/残業など)
→仕事上の悩みや不満がたまり、誰にも相談ができていない状態が続くと、最悪の場合、失踪につながるケースもあります。詐欺集団は、技能実習生の仕事内容や金銭的な悩み、不満につけこんでくるので、日頃のケアが重要です。

10.仕事以外で悩み/不満はないか(同居人/家族/彼女など)
→仕事以外の悩みも、上記と同様に定期的なケアが大切です。寮の巡回は直接、現場に入り指導するのが基本ですが、月に1度の巡回では補い切れないサポートは、LINEや電話などで相談を受けることが多いです。

11.仲間外れになっている人はいないか。
→ただでさえ慣れない生活の中で、母国が同じ実習生仲間は貴重な存在。仲間外れ(いじめ)が起きていれば大問題!仕事も生活も、助け合いの精神を持つよう指導しています。何事も、問題が顕在化する前に対策を取るよう心がけています。

12.部屋の鍵は持っているか
→部屋は借り物。スペアキーを含め、鍵を失くしていないか定期チェックします。もちろん失くした場合は弁償です。会社の社員証やカードキーなども同じです。紛失を未然に防ぐ声掛けも有効です。



以上『住居、健康面』部門からでした。
もしかすると「健康管理までしなくても、外国人といっても大人でしょう?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、国が違えば、罹患する病気も対人感覚も違います。職場(仕事)へのスムーズな定着のためにも定期的なケアを怠らず、外国人の皆さんと向き合いましょう!

次回は『教育関係、金銭関係、その他』のチェック項目をお届けします!





【外国人材活用にきめ細かなサポートを提供し、日本での就業をより安心に】

(株)キャムテックの「海外人材マネジメントサービス(キャムテックGMSサービス)」は外国人材活用におけるあらゆる業務について相談、代行を請け負うもので「TECH」「JOB」「LIFE」「LEGAL」の4つのサービスを軸にしています。

ストーリー中のキャリアアドバイザー青山智香がおこなう、寮の巡回を含むさまざまなサポートは【LifeSupport(外国人生活支援サービス)】によるもの。
日本で生活する全ての外国人材に、各地の専任担当が必要に応じて安全な生活と細やかな気遣い・サポートを提供しています。

外国人材の活用はすべてキャムテックGMSにお任せください!
詳細はこちらから

外国人採用に関するオンライン無料相談やってます!

  • 雇用が初めてなのですが、私たちの業務で採用ができますか?
  • 外国人雇用の際に通訳を用意する必要はありますか?
  • 採用する際に私たちの業務だとどのビザになりますか?
  • 外国人の採用で期待できる効果はなんですか?

上記に当てはまる企業様は、ぜひ一度ご相談ください。

× 教えてタイムスくんバナー画像