海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるガイドブック

検索
海外人材Times

日本のおもてなしを学ぶ大学教育プログラム、インドネシア5校と基本合意締結

2022

2022.02.16

Plan・Do・Seeがホテル運営のノウハウを

グローバルにホテル・レストラン運営を展開する株式会社Plan・Do・Seeは、インドネシアの大学5校と基本合意書を締結し、日本のおもてなしを学べる授業を開始したと2022年2月15日に発表しました。

日本語教育と日本のおもてなしを学ぶ

この基本合意では、インドネシアのジャカルタ、バリ、ジョグジャカルタなどの大学5校と行われており、2021年12月から現在まですでに3校が授業を開始しています。

内容は主にホテル宿泊業、外食業の人材育成で、「プロフェッショナル日本語教育養成講座」の開発、「ホスピタリティ研修プログラム」の開発、「インターンシッププログラム」の開発、「キャリア情報・就職支援プログラム」の開発を行っていきます。

375時間の日本語教育、210時間のホスピタリティ教育で、講師は同社の社員が数ヶ月ごとに現地滞在し実施する予定です。

日本で、世界で活躍できる人材を目指す

2023年の同プログラムの卒業生を、同社を含む日本のホスピタリティ企業へ紹介する流れとなっています。

同社は、プログラムを受講する外国人が日本のおもてなしを学び、日本で経験を積んだ後に世界で活躍できる人材を育成していくとしています。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社Plan・Do・Seeのプレスリリース(PRTIMES)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000051750.html

オンライン無料相談バナー画像