海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるガイドブック

検索
海外人材Times

岐阜県が「外国人材の理解支援の在り方を学べる研修会」を開催

2022

2022.07.25

外国人材の理解を深め、定着促進を図るための研修

一般社団法人岐阜県老人福祉施設協議会が、「外国人材の理解支援の在り方を学べる研修会」を開催すると、7月20日に発表しました。

同研修会は同協議会が岐阜県からの受託事業として開催するもので、「外国人介護人材を既に受け入れている」若しくは、「受け入れを検討している」事業所などが対象となります。

全国的に近年、介護分野における人手不足が深刻化しており、岐阜県においては2025年にはおよそ4,400人の介護職員不足が見込まれています。そこで同協議会が、関連事業者に外国人材に関する理解を深めてもらい、定着促進を図るため、8月25日に同研修会を開催する予定です。

会場とオンラインで開催、参加費は無料に

同研修会には アリス・スタッフ株式会社の代表取締役社長である寺西 由美子氏が登壇。「外国人介護人材に選ばれる、働き続けられる環境をつくるには」というテーマで話が進められます。

「長良川国際会議場5階 国際会議室」の会場と、オンライン(Zoom)のハイブリッド開催となり、定員は会場参加が40人、オンライン参加が100人、参加費は無料です。

(画像は一般社団法人岐阜県老人福祉施設協議会 ホームページより)

外部リンク

一般社団法人岐阜県老人福祉施設協議会 プレスリリースhttps://www.gifu-roushikyo.jp/2022-07-561/

オンライン無料相談バナー画像