海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

外交官のお手伝いさんやアマチュアスポーツ選手のためのビザ?「特定活動ビザ」とは

特定活動ビザとは

外国人が日本で仕事をする活動内容が近年は増々多様化してきています。そのため全ての活動内容に対応した在留資格を設定することはできません。今まで外国人の就労ビザのメインであった「技術・人文知識・国際業務」、そして「定住者」「永住者」「日本人配偶者」などには該当しない「その他の活動」として設定されているのが「特定活動」です。

「特定活動」にあたる例としては以下のような仕事が挙げられます。

  • 外交官等に雇用される家事使用人
  • インターンシップ
  • ワーキング・ホリデー
  • アマチュアスポーツ選手
  • 経済連携協定に基づく外国人看護師
  • 介護福祉士候補者等

他にも様々な仕事があります。
「特定活動」の在留資格で日本に在留する外国人は、法務大臣により、個々の許可の内容により報酬を受ける活動の可否について決定されます。

出典:厚生労働省「我が国で就労する外国人カテゴリー」

特定活動ビザの3つの種類

特定活動ビザには、「入管法に規定された特定活動」「告示特定活動」「告示外特定活動」の3つがあります。以下にそれぞれについて説明します。

入管法に規定された特定活動

「入管法に規定された特別活動」は法務大臣の告示ではなく、入管法により定められた活動となります。

その活動は以下の3つに分類されます。

  • 「特定研究等活動」 法務大臣が指定する日本の公私の機関との契約に基づいて当該機関の施設において当該特定の分野に関する研究、研究の指導若しくは教育と関連する事業を自ら経営する活動等です。
  • 「特定情報処理活動」は、法務大臣が指定する日本の公私の機関との契約に基づいて当該機関の事業所において自然科学又は人文科学の分野に属する技術又は知識を要する情報処理に係る業務に従事する活動等です。
  • 「特定研究等活動等家族滞在活動及び特定情報処理家族滞在活動」は、「特定研究等活動」又は「特定情報処理活動」を行う外国人の方と同居し、かつ、その扶養を受ける扶養者の父母及び配偶者の父母である場合です。
特定活動ビザについて説明しましたが、理解が深まりましたでしょうか。この資格ができたのは令和に入ってからになります。日本政府が「様々な就労ビザを作ってでも外国人労働者を増やそう」とする施策が見えてきます。これにより今まで就労ビザが取得できなかった外国人にも就労の可能性が広がってきています。外国人の採用を就労ビザの観点から諦めていた方は是非ご検討ください。

この記事をシェアする

コメント / 投稿

承認されたものから表示されます。