海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

外国人採用におけるオンライン面接のコツ

知識

2022.05.12

新任人事

外国人の採用で「オンライン面接」をすることになりました。オンライン面接のコツを知りたいです!

外国人雇用専門家

オンライン面接を行う前に、通信が良好かどうかなどを事前にチェックしておきましょう。オンライン面接が始まったら、外国人候補者が理解しやすいように、ゆっくり話すことも大切です。


オンラインでコミュニケーションをとる機会が多くなった現在では、面接においてもオンラインを活用する事例が増えています。

外国人を採用するにあたって、オンラインでの面接を検討している企業も多いことでしょう。

しかし、実際に外国人採用でオンライン面接を行うなら、オンライン面接の方法や注意点についてあらかじめ知っておきたいところです。

この記事では、外国人採用におけるオンライン面接のコツについて説明します。コツを理解してオンライン面接を成功させましょう。

CONTENTS

  1. 1. オンライン面接とは
  2. 2. オンライン面接のメリット
  3. 2-1. 海外にいる候補者と面接ができる
  4. 2-2. 低コストで面接が可能
  5. 2-3. 複数人を同時に面接できる
  6. 3. オンライン面接のデメリット
  7. 3-1. 通信が不安定になる場合がある
  8. 3-2. 表情や雰囲気を読み取りにくい
  9. 3-3. オンライン面接のために事前の準備が必要
  10. 4. 外国人候補者とのオンライン面接における注意点
  11. 4-1. 面接はお互いにとって行いやすい時間帯に行う
  12. 4-2. 通信が不安定になった場合に備え、電話番号を交換しておく
  13. 5. オンライン面接を成功させるコツ
  14. 5-1. わかりやすくゆっくりと話す
  15. 5-2. オンライン面接を行う前に事前チェックを行う
  16. 5-3. 外国人候補者が面接を行いやすい雰囲気作りを心がける
  17. 6. まとめ
新任人事

オンライン面接ってどんな面接なんですか?

外国人雇用専門家

パソコンやスマホなど、オンライン上で面接する方法です。ネットがつながっていれば面接できるので、海外の外国人と面接ができますよ!


1. オンライン面接とは

オンライン面接とは、パソコンやスマホの画面を通じてオンライン上で行う面接のことです。

オンライン面接は、インターネットが利用できる場所で、ビデオチャットツールを使用すれば、遠く離れた場所にいる候補者と面接が行えます。

もちろん、海外在住の外国人候補者との面接も可能です。

オンライン面接を行う場合、面接の開始時間までにビデオチャットツールにログインしておけば、時間通りに面接を始められます。

新任人事

オンライン面接のメリットについて教えてください!

外国人雇用専門家

海外の外国人候補者との面接が低コストでできますよ!くわしくは下記で説明しますね。


2. オンライン面接のメリット

オンライン面接を行うと、下記のようなメリットが得られます。
  • 海外にいる候補者と面接ができる
  • 低コストで面接が可能
  • 複数人を同時に面接できる

2-1. 海外にいる候補者と面接ができる

オンライン面接なら、海外にいる候補者と面接ができます。

先述したとおり、インターネットが利用できる場所ならビデオチャットツールを使って世界の相手とコミュニケーションが可能です。海外の人材を採用したい企業としては、オンライン面接を実施すれば効率的に採用活動を行えます。

2-2. 低コストで面接が可能

オンライン面接なら、低コストで面接を実施できます。

海外の人材採用で面接を対面で行う場合は、採用担当者が海外に出向く必要があります。海外に移動するには時間と交通費がかかるため、外国人の採用はコストが高い点がネックでした。

しかし、オンライン面接なら企業内で面接を行えるため、海外に移動する必要がなく交通費もかかりません。

オンライン面接を実施することで、採用コストを十分に抑えられます。

2-3. 複数人を同時に面接できる

面接を効率的に行うためには、複数人を同時に面接する方法があります。

オンライン面接では、画面上に複数の候補者を表示できるため、複数人の同時面接をオンラインで行うことも可能です。

面接の時間が確保できず、1人ずつ面接を行うことが難しい場合は、ビデオチャットツールの機能を活用すると複数人を同時に面接できます。
新任人事

オンライン面接のデメリットについても知っておきたいです!

外国人雇用専門家

オンラインならではのデメリットは通信が不安定になることです。また、対面での面接とは異なり、表情や雰囲気を読み取りにくい点もあげられますね。


3. オンライン面接のデメリット

オンライン面接は多くのメリットがある一方、デメリットが生じる場合もあります。オンライン面接のデメリットとしては下記があげられます。
  • 通信が不安定になる場合がある
  • 表情や雰囲気を読み取りにくい
  • オンライン面接のために事前の準備が必要

3-1. 通信が不安定になる場合がある

オンライン面接を行っていると、面接の途中に通信が不安定になる場合があります。

通信が不安定になると、面接者、候補者ともに相手が話す内容を理解できなくなり、面接に支障が生じてしまいます。

通信が安定した状態で面接を行うために、候補者に対しては安定したWi-Fi環境を利用するように伝えておきましょう。

3-2. 表情や雰囲気を読み取りにくい

オンライン面接の場合は、対面での面接とは異なり、表情や雰囲気を読み取りにくくなります。

しかし、面接中の受け答えの内容で候補者の考え方を判断することは可能です。

オンライン面接は対面での面接と比べると得られる情報は少なめとなりますが、候補者の受け答えについて面接官自身がどう感じ取ったか、ということを元にしながら採用の可否を判断してみましょう。

3-3. オンライン面接のために事前の準備が必要

オンライン面接を行う場合、事前の準備が必要となります。

候補者がオンライン面接を受ける場合、パソコンまたはスマホのほか、マイクやWebカメラなどの機材が別途必要になる場合があります。そのほか、ビデオチャットツールの種類によってはあらかじめパソコンまたはスマホにインストールが必要です。

オンライン面接を実施する企業側は候補者に対して、オンライン面接を受けるためにどのような準備が必要か、ということを伝えておくと、候補者はオンライン面接の準備をスムーズに進められます。

新任人事

外国人候補者とオンライン面接する場合の注意点はどんなことですか?

外国人雇用専門家

海外とは時差があるので、お互いにとって面接しやすい時間を調整することが大切ですね。また、通信が途切れた場合に備え、念のため電話番号を交換しておくと良いでしょう。


4. 外国人候補者とのオンライン面接における注意点

外国人候補者とのオンライン面接を実施する場合の注意点としては、下記があげられます。
  • 面接はお互いにとって行いやすい時間帯に行う
  • 通信が不安定になった場合に備え、電話番号を交換しておく

4-1. 面接はお互いにとって行いやすい時間帯に行う

面接は現地の外国人候補者と日本の企業のお互いにとって行いやすい時間帯に行いましょう。

外国人の居住地が中国や東南アジアなどの場合、日本との時差は数時間程度であるため、日本が日中の時間帯に面接を行ってもたいていは問題がありません。

しかし、外国人がヨーロッパやアメリカに在住している場合、日本と現地の時差が大きいため、日本は日中でも現地は深夜になる場合があります。お互いにとって面接を行いやすい時間帯を選ぶと、外国人の候補者は良い状態で面接に臨みやすくなります。

また、面接の開始時刻は現地時間と日本時間の両方を伝えておきましょう。そうすることにより、面接の開始時刻の勘違いを防ぎやすくなります。

4-2. 通信が不安定になった場合に備え、電話番号を交換しておく

オンライン面接中に通信が不安定になった場合に備え、候補者と電話番号を交換しておきましょう。

オンライン面接がスムーズに行われるように、候補者に対しては安定したWi-Fi環境を利用することについて説明しましたが、Wi-Fi環境を利用していても、状況によっては通信が安定しないこともあり得ます。

あらかじめ候補者と電話番号を交換しておけば、電話を通じて面接を続けることも可能です。いざというときに備えて電話番号を交換しておくと安心です。

新任人事

外国人候補者とのオンライン面接を成功させるコツについて教えてください!

外国人雇用専門家

わかりやすく、ゆっくりと話すことがポイントです。そうすると、外国人候補者にとって話している内容を理解しやすくなります。また、外国人候補者が面接しやすい雰囲気を作ることも大切ですね。


5. オンライン面接を成功させるコツ

オンライン面接を成功させるコツについて下記にまとめました。
  • わかりやすくゆっくりと話す
  • オンライン面接を行う前に事前チェックを行う
  • 外国人候補者が面接を行いやすい雰囲気作りを心がける

5-1. わかりやすくゆっくりと話す

外国人採用でオンライン面接を行う場合は、わかりやすくゆっくりと話すことがポイントです。

外国人の候補者にとっては、面接官が話している日本語の内容を理解しにくいと感じることがあります。面接官がわかりやすくゆっくりと話せば、外国人の候補者は面接官が話している内容を理解しやすくなります。

また、オンライン面接ではお互いが画面越しに話すため、対面で面接を行っている場合と比べると相手の声が聞き取りにくいと感じることもあります。

外国人候補者とのオンライン面接では、相手の立場を考えてわかりやすくゆっくりと話しましょう。

5-2. オンライン面接を行う前に事前チェックを行う

オンライン面接を行う前には、事前のチェックを行っておきましょう。

チェックする内容としては、インターネットの接続状況、イヤホンやマイクの機能に問題はないか、ビデオチャットツールの使い方を理解しているか、という点です。

これらのチェックを事前に行っておけば、面接官としては心に余裕を持った状態で面接を行えます。

オンライン面接中に予期しないトラブルの発生を防ぐためにも、オンライン面接の前にチェックできる点は事前に確認しておきましょう。

5-3. 外国人候補者が面接を行いやすい雰囲気作りを心がける

面接を行う前には、外国人候補者が面接を行いやすい雰囲気作りを心がけましょう。

候補者によっては、日本語で面接を行わなければならないため、かなり緊張している場合があります。そのような場合は、面接前の会話で気持ちをほぐす「アイスブレイク」が効果的です。

例えば、候補者の緊張をほぐすために、お互いがあいさつした後に「日本語のあいさつ、元気が良くていいですね」と一言ほめるのも良いでしょう。

外国人候補者の立場に立って気持ちを軽くほぐすことも大切です。

6. まとめ

外国人採用におけるオンライン面接のコツは、外国人が理解しやすいようわかりやすくゆっくりと話すことです。

外国人は、普段利用しない日本語で面接を行うため、面接官は普段よりもゆっくりと、そして滑舌良く話すことがポイントとなります。

また、オンライン面接をとどこおりなく行うためには、オンライン面接で利用するビデオチャットツールの使い方や、マイクなどの機器の動作をチェックしておくことも大切です。

外国人候補者とのオンライン面接を成功させるためには、面接を受ける候補者の立場に立ち、面接を行いやすい雰囲気作りを心がけましょう。