海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるガイドブック

検索
海外人材Times

外国人雇用管理をデジタル化!業務効率の向上とコンプライアンス強化を実現

資格(ビザ)

2022.01.20

近年、外国人雇用者を採用する企業が増加している一方で、不法就労が摘発されるケースも目立つようになりました。入国管理法に違反しないで外国人を雇用するためには、受け入れ機関としての役割を理解することが重要です。今回の記事では、外国人雇用者受け入れ機関としての責務や、コンプライアンス違反事例について解説します。この記事を読むことで、受け入れ機関として行うべきことが明らかになるため、ぜひ参考にしてみてください。

外国人雇用者受け入れ機関としての責務

近年、少子高齢化による人材不足が叫ばれています。その結果、外国人を雇用することで人材不足を解消しようとする企業も増加しており、将来的にも外国人雇用者を受け入れる企業が増えていくことが予想されています。

しかし、外国人雇用者を受け入れるには、受け入れ機関としての役割を理解しておくことが大切です。受け入れ機関に求められることとして、主に以下の項目が挙げられるでしょう。※1


  • 入国管理法など制度やルールに関する理解
  • ダイバーシティ経営の推進
  • 長時間労働の是正
  • 人事制度改革
  • 日本企業の魅力発信
  • 多文化共生に関わる活動

まず、外国人雇用者受け入れ機関には、長時間労働の是正や人事制度改革など、就労環境を充実させることが求められます。

また、外国人労働者が日本で働くことに対して魅力を感じるように、働きやすさややりがいなどの魅力をアピールすることが重要です。

さらに、社会全体の意識を高めるために、多文化共生に関わる活動を行う企業も増えています。外国人学校の経営支援や外国にルーツのある児童に対する学習支援など、活動内容は様々です。

 

参考※1)外国人材受入促進に向けた基本的考え方

コンプライアンス違反事例

外国人を採用する企業が増加するのに伴って、入国管理法を十分理解せずに、外国人を不法に雇用していたというケースも見受けられるようになりました。ここでは、外国人犯罪やコンプライアンス違反などの事例を紹介します。※2


  • 「中村屋と埼玉工場の係長を書類送検 不法就労疑い」(2021年12月17日)
  • 「無許可で外国籍の男女12人雇用あっせん容疑」(2021年10月26日)
  • 「ウーバーイーツ運営会社を書類送検 入管法違反の疑い」(2021年6月22日)
  • 「夢破れ、強制送還されるベトナム人男性 利己的だったか」(2021年5月9日)
  • 「ベトナム人実習生、在留資格更新怠った元勤務先を提訴」(2021年4月5日)

このように数多くのコンプライアンス違反が摘発されており、政府や受け入れ機関には、改善のための取り組みを行うことが求められています。

なお、不法就労の手口は年々巧妙化しており、迅速に解決すべき課題として捉えられています。

参考※2)入管法違反

ビザ管理への重要性

受け入れ機関は、外国人労働者のビザを徹底管理することが重要です。ビザの期限がきれた状態で外国人を継続して雇用してしまうと、不法就労とみなされてしまいます。

例えば、警察官から職務質問を受けた際に、外国人労働者が期限内のビザを提示できないと、不法滞在と見なされて、処罰を受けることになります。

そのため、いつ外国人登録証明書から在留カードに切り替える必要があるか、ビザの期限はいつまでかなど、ビザ管理を徹底することが大切です。ビザ管理を効率化するためのサービスを次章で紹介しますので、確認していきましょう。

おすすめ:キャリアアセットマネジの推奨する
外国人雇用管理サービス

自社が採用している外国人労働者のビザ管理が重要であることを説明しました。ビザ管理に関して人為的なミスを防ぐためには、外国人雇用管理サービスの「Job Support(ジョブ・サポート)」を利用することをおすすめします。

Job Supportとは、外国人採用の入社から退職まで一貫した管理を行えるシステムです。ビザの更新期限や在留資格に関する申請、日本語検定試験など、必要な手続きごとにアラームを設定できます。

また、クラウドで関係者は情報を共有できるので、属人化によって発生する人為的なミスを防ぐことが可能です。

サービスの詳細に関しては、以下のリンクからご確認いただけますので、ビザ管理に優れたサービスをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。


Job Support

まとめ

今回の記事では、外国人労働者を採用しようと考えている企業に向けて、外国人雇用者受け入れ機関としての責務やコンプライアンス違反事例について解説しました。外国人を採用する前に、入国管理法をはじめとした、あらゆるルールについて理解を深めることが大切です。外国人を受け入れるのが初めてで不安を感じているという企業は、外国人雇用管理サービスの「Job Support」を利用することをおすすめします。業務を効率化できるだけでなく、やるべきことが明確になるため、興味のある方はサービスの詳細をご確認ください。

オンライン無料相談バナー画像