海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるガイドブック

検索
海外人材Times

兵庫県が「外国人介護職員コミュニケーション支援事業」を展開

2022

2022.06.17

多言語翻訳機の導入にかかる必要経費の一部を補助

兵庫県が、「外国人介護職員コミュニケーション支援事業」を展開していると、6月2日に発表しました。

同事業では、外国人介護人材(介護技能実習生、特定技能「介護」、EPA)の受け入れを行い、介護保険サービスを提供している兵庫県内の介護施設および事業所を対象に、介護業務に必要な多言語翻訳機の導入にかかる経費の一部を補助します。

補助額は介護施設および事業所それぞれ、負担経費額の3分の2で、上限は1台30,000円かつ5台までです。

必要書類を6月30日までに兵庫県に提出

補助金の交付を受けるには、「補助金交付申請書」や「事業計画書」、「外国人介護職員コミュニケーション支援事業補助金所要額調書(様式1-1)」などの必要書類を用意して、6月30日までに「兵庫県福祉部高齢政策課介護人材対策班」に提出。エクセスファイルは「申請書一式」に記載の担当者メールアドレスに送信する必要があります。

なお、令和4年度予定従事者も同事業における補助対象となるものの、令和5年3月末までに介護施設および事業所へ入職しなかった場合は対象外となります。

(画像は兵庫県 ホームページより)

外部リンク

兵庫県 「外国人介護職員コミュニケーション支援事業」https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf05/komyu.html

オンライン無料相談バナー画像