海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるガイドブック

検索
海外人材Times

広島県が外国人介護人材の適切かつスムーズな受け入れを促進

2022

2022.01.20

「外国人介護人材受入支援セミナー」を開催

広島県が「外国人介護人材受入支援セミナー」を開催すると、1月14日に発表した。

介護分野における外国人材の受け入れは、EPAに基づいて介護福祉士候補者の受け入れ、在留資格「介護」、「技能実習制度」、在留資格「特定技能1号」の4つの制度が存在しており、同県でも2021年4月時点で、200以上の事業所が合計800人以上の受け入れを行っている。

同セミナーは、同県内において外国人介護人材の適切かつ、スムーズな受け入れを促進することを目的に開催。外国人介護人材の受け入れを検討している事業者や、外国人材の雇用に関心がある人などが対象となる。

「外国人介護人材の受入事例と今後の予定」などを紹介

同セミナーは全3回で、1回目は2021年12月20日に福山地区で開催された。

2回目は2022年1月24日にオンライン配信で、3回目は1月31日に「広島県立総合体育館大会議室」を会場に、「外国人介護人材受入にかかわる各制度とコロナ禍の動向」をテーマとした基調講演や、「外国人介護人材の受入事例と今後の予定」という事例発表などが行われる予定だ。

定員は会場開催が50人、オンライン開催が100人。専用フォームに必要事項を入力の上、送信することで参加申し込みが可能。開催日の1週間前までが申し込み期限となる。

(画像は広島県 ホームページより)

外部リンク

広島県 医療介護人材課https://www.pref.hiroshima.lg.jp/

オンライン無料相談バナー画像