海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるガイドブック

検索
海外人材Times

茨城労働基準協会連合会が外国語の技能講習修了試験問題を準備

2022

2022.01.12

日本語能力に応じて受講に一定の条件を設定

茨城労働基準協会連合会・各地区労働基準協会(以下、茨城労働基準協会連合会)が1月4日、外国語の技能講習修了試験問題を用意していると発表した。

茨城労働基準協会連合会には事業者から、外国人技能実習生をはじめとする外国人労働者に技能講習を受けさせたいという要望があり、技能講習修了試験を外国語で受講できるように試験問題の準備をしている。

ただし、日本語能力に応じて受講に一定の条件を設定しているほか、母国語修了試験問題の使用については1,650円(税込)で有料となっている。

「日本語の日常会話を理解できること」が受講条件

日本語の理解力が不十分な外国人労働者に関しては、「日本語の日常会話を理解できること」や、「受講日までにテキストを使って予習ができること」が受講条件で、受講申込書に「日本語理解力申告票」の添付、実技講習では安全確保のために、原則として通訳同席が必要だ。

フォークリフト技能講習が英語・中国語・ポルトガル語・インドネシア語・ベトナム語、ガス溶接技能講習が英語・タイ語・インドネシア語・ベトナム語、床上操作式クレーン運転技能講習が英語・中国語、玉掛け技能講習が英語・中国語・ポルトガル語・ベトナム語に対応している。

(画像は茨城労働基準協会連合会 ホームページより)

外部リンク

茨城労働基準協会連合会 「外国人労働者に技能講習を受講させたいと考えている事業主の皆様へ」https://roukiren-ibaraki.or.jp/ginouzisyu/

オンライン無料相談バナー画像