海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

日本の生活には必須!外国人がクレジットカードや携帯電話を契約する方法は?

外国人の携帯電話の契約方法:3ヶ月以上の滞在(ビザあり)

今や私たちの生活に携帯電話が欠かせないように、長期で日本に住む外国人も当然電話は必須です。SIMフリーの電話ならともかく、ドコモショップやソフトバンクなどで私たちと同じように契約をすることは可能なのでしょうか?

携帯電話の契約方法

実は3ヶ月以上日本に滞在する外国人でビザ(在留資格)がある場合、3大キャリア等で携帯電話の契約をすることが可能です。契約の際には、本人確認のため下記の書類を提示する必要があります。もしこれらの書類に住居の記載がない場合には、公共料金の領収書等の補完書類が必要となります。

<提示が必要な書類>

  • 在留カード
  • パスポート(一部のキャリアでは利用不可)
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
 

*上記のいずれか

携帯電話料金の支払い方法

そして携帯料金の支払いの方法は以下の通りです。

<支払い方法>

  • 日本国内の銀行口座
  • クレジットカード
  • プリペイドカード(一部キャリアのみ)

ビザがあって3ヶ月以上日本に住むなら、私たちと同じように契約できる事が分かりました。それでは3ヶ月未満の場合はでどうでしょう?

外国人の携帯電話の契約方法:3ヶ月未満の滞在(ビザ無し)

3ヶ月未満の滞在になるビザのない外国人が携帯電話を契約する場合、一部のMVNO(仮想移動体通信事業者)でしか取り扱いをしていないので注意が必要です。

携帯電話の契約方法

MVNOとは聞きなれない言葉かもしれませんが、自社で通信設備を持たずに格安スマホや格安SIMを提供している通信事業者のことです。ビザを保有しているケースとは支払い方法などが異なりますので確認してみましょう。

<提示が必要な書類>

  • パスポート
*住所の記載がない場合は、住所を記載した補完書類が必要となるケースもある

携帯電話の支払い方法

  • クレジットカード
  • 現金

オリンピック・パラリンピックなど控え、訪日外国人の増加が見込まれている事から、ビザが無くても幅広く携帯電話を利用してもらえるよう、本人確認の円滑化や支払い方法の多様化が進められています。またキャリアの窓口等における多言語対応化も推し進められています。

外国人のクレジットカードの契約方法

永住権がないとクレジットカードは作れない?

ネットでの買い物や航空券の予約など、クレジットカードは生活必需品の一つです。そんなクレジットカードですが、永住権がないと作れないかというと答えはNOです。就労ビザや学生ビザといった正式なビザがあれば、外国人でもクレジットカードを作ることができます。

*ただしアコムの「ACマスターカード」のように永住権が必須となる例外もあります。

3ヶ月以上の滞在(ビザあり)でクレジットカード審査の条件は

日本人でも落ちることがあるほど審査の厳しいクレジットカードですが、審査の際にキーとなるポイントがいくつかあります。どんな項目が審査の判断基準となるのか見てみましょう。

  • ビザの期限

日本におけるビザの有効期限は3ヶ月から5年といったものですが、残りの期限が数カ月しかないと審査に不利だと考えられます。それは申請者が利用代金の支払いを終えないまま帰国してしまうことをカード会社が恐れるからです。

  • ビザの種類

日本のビザは技能実習や留学など、来日目的により27種類用意されています。一般的に留学ビザは審査に通りにくいと言われ、配偶者ビザは通りやすいと言われています。

  • 収入(年収)

最も重視されるのが「支払い能力」です。クレジットカード会社が立て替えたお金を申請者が返済する能力があるかを、収入(年収)で判断します。

  • 居住年数

日本でのこれまでの居住年数というのも一つの判断材料になります。同じ場所に長く住んでいる、1年以上日本に住んでいるといった申請者の方が有利になると言われています。

  • 勤続年数

同じ会社にどれだけ長く勤めているかがキーとなります。収入の安定性(=支払い能力)に関連するためです。また、クレジットカード会社から勤務先へ在籍の有無を確認するための電話が入ります。

  • クレジットカード・ヒストリー(利用履歴)

既に日本で発行されたクレジットカードを持っている場合、利用や返済の履歴をチェックされます。返済遅延がある場合には審査に不利に働くでしょう。

クレジットカードを作る際必要な身分証明とは

永住権を持たない外国人がクレジットカードを作る際には、「在留カード」または「特別永住証明書」といった身分証明書が必要となります。それぞれの身分証明書の違いを見てみましょう。

<在留カード>

日本に中長期的に滞在する外国人に対して交付されるカードです。観光目的など短期(3カ月未満)に滞在する外国人は交付の対象外となります。カードには、名前、国籍、住居地といった項目の他に、外交、高度専門職、技能実習といった「在留資格」も記載されています。在留カードには「証明書」と「許可証」の2つの役割があります。

  • 許可書

在留カードを保有する外国人が、日本に滞在できる在留資格及び在留期間をもって適法に在留する者であることを法務大臣が証明する「証明書」の役割。

  • 許可証

従来のパスポートになされる各種許可の証印等に変わって許可の要式行為となる「許可証」の役割。

<特別永住証明書>

特別永住者に対して交付されるカードです。では特別永住者とはどういった人々かというと、第二次世界大戦後日本国籍を離脱した在日韓国人や在日台湾人またはその子孫になります。それらの人々へ日本への定住を考慮し永住を許可したのが特別永住権になり、特別永住証明書が交付されます。

外国人も携帯電を契約し、クレジットカードを保有できることがおわかりいただけましたか? 手続きや審査は難しいものの、外国の方がいざ日本で働き生活するとなった場合にはどちらも必須のアイテムとなります。雇用主がこういった情報を把握し雇った外国人にアドバイスすることで、雇われた外国人の生活環境が改善するだけでなく信頼関係を築くきっかけになることも期待できます。ぜひ積極的に情報の共有を図りましょう。

この記事をシェアする

コメント / 投稿

承認されたものから表示されます。