海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

実習生の日本語レベルと、監理団体が行う入国後の「日本語学習プログラム」とは

応募時には問われない日本語レベル

外国人が日本の企業の技能実習に応募する際、基本的に応募段階では日本語のレベルチェックなどはありません。つまり「日本語を全く分からない」状態でも応募は可能です。
最終的な採用は日本企業の面接で決定するため、「少しでも日本語がわかった方がいい」「特に言葉は気にしない」など、求めるレベルは様々でしょう。
どんなレベルであったとしても、実習生は約半年、母国の送り出し機関で日本語と日本の文化、生活する上で必要なマナーを学んで来日します。来日後は一定期間、監理団体での講座(主に日本語や生活に関すること)を受け、その後、実習が開始となります。

ここでは来日後、監理団体が行う日本語講習について紹介します。

入国時に監理団体が行う日本語の講習

日本語能力試験には、N1からN5まで5つのレベルがあります。N3またはN4レベルで来日する実習生が最も多いです。(N3の方がより高レベルです)入国後、管理団体は実習生に向けて日本語研修を行うことが義務づけられています。
厚生労働省推奨の標準的な日本語学習プログラムを下記の通り見ていましょう。

日本語習得状況から、N3とN4を「N3取得者」「N4上位者」「N4下位者」の3つのレベルに分けて研修を行います。それぞれのレベルに沿った目標に向けてプログラムが組まれ実施されます。

「N3取得者」向けプログラム目標

1) 復習&ブラッシュアップ期:業務上のやりとりに慣れ、自分の考えを複数の文で発話することが可能
2) 実力養成期:より滑らかなコミュニケーショ力と表現力を身につける
3) 日本の生活情報を理解する
4) 日本の文化・社会について基本的に理解する

「N4上位者」向けプログラム目標

1) 復習&ブラッシュアップ期:相手の質問に対して正しく返答ができる
2) 実力養成期:業務上のやりとりに対し、自分の考えを複数の文で発話することができる
3) 日本の生活情報を理解する
4) 日本の文化・社会について基本的に理解する

「N4下位者」向けプログラム目標

1) 復習&ブラッシュアップ期:相手の質問に対して正しく返答ができる
2) 実力養成期:日常生活の基本的なコミュニケーションができる
3) 日本の生活情報を理解する
4) 日本の文化・社会について基本的に理解する

日本語学習プログラムの進め方

日本語の研修は、監理団体・コースデザイナー(日本語学習運営責任者)・日本語教師が、それぞれ専門分野を生かして連携しながら進めます。学習プログラムで実施される主な内容は下記の通りです。

  • 日本語レベルのチェック
  • クラス編成
  • 教材の提供
  • 研修オリエンテーション
  • 講習
  • テスト・評価
  • 自立学習の薦め

これらが厚生労働省によって義務付けられている日本語学習(講習)の内容です。ここでどのような講習を行なってきたかは、技能実習生が早く仕事や日本の生活に慣れられるかにも影響してきます。監理団体を選ぶ際には、この講習の内容を一つの目安にするのも良いでしょう。

技能実習生が実際に実習を始めるまでには、母国にて送り出し機関による数か月間の研修と来日後の監理団体による一カ月間の研修が行われます。このことにより安心して海外から人材を受け入れることができます。それでもたった半年で外国語をマスターするのは難しく、「言葉は全く完璧では無い」ということを理解し、暖かく迎えてあげてください。

この記事をシェアする

コメント / 投稿

承認されたものから表示されます。