海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

技能実習生を採用する流れと面接で見るべき点を徹底解説!「監理団体」「組合」とは?

技能実習生を採用する窓口は「監理団体」

技能実習生を採用したいと思った際、基本的には自社での募集は行えません。技能実習生の採用を取り扱う窓口である「監理団体」に、希望の実習生の人数やスキルを伝えるところから始まります。

監理団体とは?

監理団体とは、技能実習生の採用から受け入れ後の指導まで幅広く担う、主務大臣から許可された非営利団体のことです。主な業務は下記の通りです。

  • 現地の送り出し機関への求人のサポート
  • 面接のサポート
  • 「技能実習計画書」などの作成のサポート
  • 日本へ入国後、日本語・日本の生活について等の研修実施企画
  • 技能実習生からの相談対応

監理団体の多くを占める「組合」って何??

技能実習生を受け入れる監理団体の許可申請は、事業協同組合が行えます。事業協同組合とは、異業種または同業種の中小企業が集まることにより、組織を強化している小さなグループのことです。たとえば、特定のエリア(市など)で異業種が集まり作られたグループや、漁村の漁師さんのグループになります。

これらの組合が正式な手続きを経て監理団体となり、技能実習生受け入れの日本の窓口になっています。

技能実習生を採用するための流れ

技能実習生は自社では採用できない!監理団体への依頼

技能実習生を直接自社で採用活動をすることは基本的にはできず、監理団体を通し受け入れを進める必要があります。(自社採用の基準はかなり厳しいため、技能実習採用のうち自社で採用できているのは3%以下)2019年には、全国の監理団体数は2,800を超えました。優良な団体選びが実習生受け入れ成功のカギとなります。良い団体を見極めるために、下記の6つのポイントを見てみましょう。

① 法に則り、実習生個人を「管理」しているのではなく、(実習実施機関である)企業を「監理」しているか
② 希望している国籍、または職種・作業を担える実習生を募ることができるか
③ 一連の書類作成等の事務手続きに精通しているか
④ 組合事務所の所在地や職員数は適正か
⑤ 実績(監理事業の経験年数や過去の受け入れ人数)はどうか
⑥ 実習生への日本語教育体制は充実しているか

人選をしてくれるのは、その国の送出機関

実習生の面接の斡旋を行うのは監理団体ですが、現地でまず人選をするのは所在国の「送り出し機関」になります。送り出し機関は、技能実習希望の求職を受け付け、企業の希望に合わせて適正な人材を選定します。実習が終わり帰国した際には、実習生の就職の斡旋も行います。

実際の選考・採用の流れ

技能実習生の採用までの流れを、下記の①から⑧に沿って見てみましょう。

①受け入れ企業:希望人材の条件提示
②監理団体:①を受け、送り出し機関向けに書類作成
③送り出し機関:②を受け、人材の募集・選抜
④受け入れ企業:③に基づき紹介された人材と面接
⑤監理団体:採用者の在留資格等入国手続きのサポート
⑥送り出し機関:採用者のトレーニング、健康診断、入管申請等手配
⑦監理団体:入国後、日本語や生活についての研修実施
⑧受け入れ企業:技能実習計画書に沿って研修開始

面接で見るべきポイント

日本語レベルはどれくらい?

日本語能力を判断するために、日本語能力試験(JLPT)の認定基準を参照します。
単純作業だけならばN4でも対応可能ですが、N3以上あるとより安心です。

N1:レベル高(多岐に渡る会話に加え、さまざまな内容の文章を読むことが可能) 
N2:新聞等で使われる日本語を理解(自然に近いスピードの長い会話を理解可能)
N3:日常的な日本語をある程度理解(こちらの指示が理解可能)
N4:基本的な日本語を理解(ギリギリこちらの指示が理解可能)
N5:レベル低(ゆっくりと話された短文であれば、必要な情報を聞き取り可能)

日本語より大切なポイントは?

日本語能力や学力だけでなく、素直さやコミュニケーション能力、そしてこちらの話を聞く姿勢があるかどうかも重要です。聞く能力が高い人は、その後の日本語力の上達も見込めます。また、現場に配属された際も、周りと上手くコミュニケーションを図れることが期待できます。仕事内容とそこに求められる日本語能力のバランスも大切です。

技能実習生採用の流れはわかりましたでしょうか? 面接では日本語能力だけでなく、コミュニケーション能力や相手の話を聞く力も見るべき重要なポイントとなってきます。採用を円滑に進めるには、優良な監理団体に依頼することも大切です。求人から採用までの流れを理解し、実習生採用を成功させましょう。

参照
外国人雇用に関するサイト
https://journal.onevisa.jp/technical-intern-training-program003
日本語能力検定
https://www.jlpt.jp/about/levelsummary.html
監理団体設立コンサルサイト
https://sasamoto.site/consulting/seturi

この記事をシェアする

コメント / 投稿

承認されたものから表示されます。