海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

技術・人文知識・国際業務ビザ(技人国ビザ)申請のための必要書類はこれ!

あなたの会社はどこに属する?4つに分類される企業の種類

ホワイトカラーの代表的な分野である技術・人文知識・国際業務(技人国ビザ)を申請するには、どのような書類が必要なのでしょうか?こちらのビザは、なんと採用予定の企業の規模などによって提出書類が異なります。 その分非常に複雑なので、専門の行政書士さんに相談するなどして事前にしっかりと準備をしましょう。

4つの企業の区分とは

申請書類は、企業の大きさによって4種類に分かれます。まずはあなたの会社がどこに属するのかを確認しましょう。

  1. 上場企業など
  2. 前年度の給与所得の源泉徴収票合計表の源泉徴収税額が1000万以上ある(未上場の大規模会社)
  3. 前年度の給与所得の源泉徴収票合計表の源泉徴収額が1000万未満(設立2年目以降の中堅中小零細企業など)
  4. 1から3までに該当しない(設立間もない会社など)

1〜4のそれぞれに必要とされる申請書類

1から4までのすべての企業が必要な書類

  • 在留資格認定証明書交付申請書 
  • 写真(縦4cm×横3cm) 
  • 返信用封筒(定型封筒に宛先を明記して404円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの)

1の企業が必要な書類

  • 会社四季報の写し、もしくは日本の証券取引所に上場していることを証明する文書

2の企業が必要な書類

  • 前年分の職員の給与所得の源泉徴収票などの法定調書合計表(受付印のあるものの写し)など

3と4の企業が必要な書類(共通)

  • 雇用契約書
  • 労働条件通知書
  • 雇用理由書( 申請人の学歴及び職歴その他経歴等を証明する文書)
  • 事業内容を明らかにするいずれかの資料、勤務先等の沿革,役員,組織,事業内容(主要取引先と取引実績を含む。)等が詳細に記載された案内書
  • その他、必要な書類

3の企業が必要な書類

  • 前年文の職員の給与所得の源泉徴収票などの法定調書合計表
  • 直近の年度の決算文書の写し

4の企業が必要な書類

  • 直近の年度の決算文書の写し。新規の場合は事業計画書
  • 前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表を提出できない理由を明らかにする次のいずれかの資料

就労予定の外国人が就労ビザ申請に揃える書類

在留資格認定証明書交付申請書

  • 写真(縦4cm×横3cm)
  • 返信用封筒(定型封筒に宛先を明記して404円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの)
  • この3点は会社で用意する書類と共通のものなのでどちらで用意するのか相談をしておくと良いでしょう。
  • パスポート
  • 学校の卒業証明書

3と4の企業に勤める場合に必要な書類(共通)

  • 学歴、職歴その他を証明する文書(履歴書、資格の合格証、日本語能力を証明する書類など)
参照:法務省:技術・人文知識・国際業務 
外国人の就労ビザの中でも代表的な「技・人・国ビザ」について、申請時に必要な書類を紹介しました。厄介なのは会社の規模などにより必要書類が異なること。もし自分の企業がどこに属するかを勘違いして資料を揃えてしまったら大変なことになります。不安な場合は、外国人ビザ申請の専門の行政書士さんなどに確認することをおすすめします。

この記事をシェアする

コメント / 投稿

承認されたものから表示されます。