海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

3ヶ月以上滞在する場合は技能実習生も住民登録が必須!

3ヶ月を超えて日本に住む外国人は住民登録が必須!

住民登録の対象となる外国人は?

入管法上の在留資格をもって日本に中長期間在留する「中長期在留者」は、日本の住居が定まってから住民登録を行う義務があります。技能実習生の多くは3ヶ月を超えて日本に滞在するので、住民登録は必須です。来日したばかりの実習生は当然このような仕組みは知らないので、雇用主が忘れずに住民登録の手伝いをしてください。

住民登録のタイミングと記載される内容

実習生の日本での居住地が決まり引越しを終えたら、引越しから14日以内にその地域の役所にて住民登録を行います。14日を超えてしまわないよう注意が必要です。
また外国人の住民票は、日本人の住民票と異なり以下の内容が記載されています。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 出身地域
  • 国籍
  • 在留資格
  • 在留期間など

住民登録をする際の持ち物

住民登録の際に必要は持ち物は、以下の二点です。

  • パスポート
  • 在留カード
技能実習生をはじめとした外国人にとって、身分証明書として最も大事なものは「在留カード」です。在留カードを最初に受け取った時は、まだ住所欄が空欄になっています。晴れて引越しが済んで住民登録に行く際には、しっかりと自分が住んでいる住所を記入することを忘れないようにしましょう。

技能実習生が住民登録をする際の注意点とは

住民登録は引越しが終わった後に

多くの実習生は入国前から住所は決まっていると思いますが、場合によっては最初の数日は違う場所で仮住まいをしたりする場合もあります。住民登録は「住み始めてから」になるので、その点を注意してください。

ホテルなどでは登録できない

仮住まいとしてホテルや会社に一時期寝泊まりすることもあるかもしれませんが、ホテルや会社の住所では住民登録は行えません。そのため雇用主は、来日後すぐに住居を紹介できるよう事前にしっかりと準備をしておきましょう。

https://comitomo.jp/entry/28

外国人も3ヶ月を超えて日本に住む場合には住民登録が義務付けられ、それも「引越しから14日以内」というルールがあります。ホテルや会社の住所は登録できないなど細かなルールがありますので、雇用主がしっかりと理解してもれなく手続きを進められるよう心がけましょう。

この記事をシェアする

コメント / 投稿

承認されたものから表示されます。