海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

技能実習生を様々なリスクから守るための「外国人技能実習生総合保険」とは

実習生保険制度とは

義務化された技能実習生の社会保険

2017年に外国人技能実習生の保護充実ための入管法改正が行われ、原則として社会保険に加入することが義務付けられました。しかし技能実習生が実習を行う現場は怪我のリスクが高いところも多く、社会保険だけでは様々なリスクがカバーできないという現状があります。

そこで法務省ガイドライン「技能実習生の入国・在留管理に関する指針」では、民間の傷害保険等に加入することが技能実習生の保護のために役立つと述べられています。

民間の保険会社が運営する「外国人技能実習生総合保険」

このような要請を受け、 “民間の傷害保険”として『外国人技能実習生総合保険』が誕生しました。

この保険は以下のような補償内容になっています。

  • 保険期間中に日本国内でのケガや病気で治療した際には、公的医療保険の資格取得までの一定期間(入国後当組合での講習期間約1ヶ月間)は治療費の100%を請求することが可能
  • 公的医療保険の資格取得後は、業務上の事由または通勤によらない傷病に限り(労災保険対象以外)、病院などに直接支払った自己負担額(3割)を保険会社に請求できる

この保険の契約者となるのは、技能実習生を受け入れる日本の公私の機関もしくはこれらの機関のために援助業務を行う機関となります。被保険者は、外国人技能実習生(「在留資格」を持って技能実習に従事する者)に限られます。

実習生保険制度が生まれた背景とは

法務省ガイドライン「技能実習生の入国・在留管理に関する指針」によると「毎年、不慮の事故や疾病に遭遇する技能実習生がいることから、健康保険等に加入することはもちろんのこと、さらに民間の損害保険等に加入して実習生の生活を守ることが望ましい」という内容が記載されています。

これにより、法務省ガイドラインを満たす損害保険として、また実習実施機関(雇い入れ企業)が安心・安全に技能実習を実施するために保険設計されたのが『技能実習生専門の保険』です。
技能実習生の万一の場合の備えとして、日本での病気や傷害事故をカバーする保険となっています。

実習生保険制度の様々なプラン

会社によってプランは様々!

技能実習生専用の保険については、民間の損害保険会社から販売されています。 そのうちの大手2社が販売する保険の特徴についてご紹介します。

JITCO保険 外国人技能実習生総合保険

技能実習生が母国出発から帰国するまで、講習期間を含む実習実施期間中を含んでカバーする保険ですので、在留資格に伴う保険加入漏れを防ぐことができます。
 治療費用については、国民健康保険、健康保険等の資格取得時期を考慮し、本国から一定 期間は治療費用が100%補償されます。

JITCOが窓口となって取り扱うことで、技能実習生を被保険者、実習実施者を保険加入者 とする団体保険で、一般の個別保険より格安な保険料で加入することができます。

ジェイアイ損害保険 外国人技能実習生総合保険

外国人技能実習生が技能実習の目的をもって、国籍国等から出国の手続きを終了したときから、日本国における技能実習を修了し、国籍国等への帰国手続きを終了するまで一貫して補償します。

治療費用については、健康保険等の公的制度を使用した場合は自己負担額が補償されます。傷害死亡、傷害後遺障害、傷害治療費用、疾病治療費用、疾病死亡について、講習終 了後は、業務上の事由または通勤による傷病は保険金支払いの対象外となります。

技能実習生の仕事は、建設業や漁業など危険と隣り合わせの仕事も多いため毎年怪我をする人がいます。また日常生活における死亡事故の発生もあります。その際に日本で納得のいく治療を受けてもらうためや補償に関するトラブル回避のためにも、突発的な出費に備えるための保険を技能実習生一人一人に対してご加入いただくことをお勧めします。

この記事をシェアする

承認されたものから表示されます。