海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

外国人の就業が決まったら環境づくりはどうする?職場で必要な受け入れ準備

就業開始前に外国人就労のための環境づくりを

外国人労働者が働きだす前に、雇用主は外国人の就労にまつわる制度やルールをしっかり理解し、それに沿って労働環境を整える必要があります。

具体的に雇用主が守るべきルールについては、厚生労働省の「外国人労働者の雇用管理の改善等に関して事業主が適切に対処するための指針」に記載されていますので、幾つか見てみましょう。

就業前に決定し伝えるべきこと

事業主は内定を出した際に、契約書上で以下のようなことは明記してメールや郵送などで伝えましょう。

  • 業務の内容と賃金
  • 労働時間
  • 就業の場所
  • 契約期間
  • 労働・社会保険関係の法令が適用される事項
  • 渡航費の負担及び住居の提供(住居は雇用主が準備をします)

◇就業前に雇用主が準備すべきこと

  • 住居の確保
  • 雇用保険、労災保険、健康保険及び厚生年金保険の適用
    ※事業主は、雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金について外法令で何が義務付けられているのか、給付はどのように行われるのかなどを、国人が理解できるように説明をしましょう。また事業主は必要な手続きを怠らないよう注意しましょう。
  • 会社の就業規則の準備(可能なら日本語以外でも)

受け入れの職場での準備

職場の安全性の確保

職場の安全の確保も、事業主にとって非常に大切な義務の一つです。

具体的には、安全衛生に関する研修や業務中教える場面などでは、ツールやイラストなども用いて、外国人が理解できる方法で行うようにしましょう。特に、外国人労働者が使用することになる機械設備、安全装置又は保護具の使用方法等については十分に理解するまでしっかりと研修等を行う必要があります。

また労働災害や突発的な事故を防止するためにも、まずは安全上必須の日本語や合図などを外国人がしっかりと習得できるようにしましょう。イラストを多用したり標識や掲示物も理解しやすいように日本語・母国語・英語を併記するなど工夫をおすすめします。

定期的な仕事の研修の準備を

実習生は、来日時はまだ日常会話もおぼつかない日本語レベルの人がほとんどです。当然ながら言葉がよく分からないとコミュニケーションが難しく、業務上で必要なことを教えてもなかなか理解できず、日本での生活に馴染むのにも時間がかかります。

そのため事業主は、以下のことを行いましょう。

  • 定期的に研修などを行い、しっかりカリキュラムを組む
  • 日々の業務の中で同僚や上司が教えられる体制を整えておく
  • 「教えること」「質問する相手」が明確になるように教育係を決める

教育係が決まることで、研修のみならず実習中の動きも把握するようになり、実習生も「困った時に尋ねる人」が明確になることで成長に繋がります。

社内のフォロー体制(人間関係)

周囲への事前の周知と理解

外国人労働者は、社内で働く既存の日本人従業員にとって必ずしも馴染みのある国からの人とは限りません。全く知らない文化や言葉、食事や習慣などと遭遇していくことも多々あるでしょう。しかし、同じ社内で働く大切な仲間となる人たちですので、余計なミスコミュニケーションや摩擦、トラブルなどでストレスを抱えないように、事前に理解を深め周知しておくことが大切です。

日本であまり理解が進んでいないのが様々な宗教と生活の関わりです。宗教によっては1日何度も礼拝があったり食事制限があったりと日常生活に大きな影響を及ぼします。それに対して受け入れ側ではどのような準備を行い社内への周知はどのように行っていけばいいのか、しっかり確認をしておきましょう。

外国人労働者を受け入れるに当たって、来日前・来日後にどのような準備が必要か分かりましたか?大きく分けると「業務に関わること」「仲間の受け入れ」という二つがありますが、どちらが足りなくても大きなストレスです。外国人の多くは日本という言葉や文化も未知な世界へ大きな希望を持ってきているということを忘れずに、仕事面・生活面でできるだけのサポートを行いましょう。

この記事をシェアする

承認されたものから表示されます。