海外人材Times

外国人採用のすべてが分かるバイブル

検索
海外人材Times

ごみ出しルールや騒音問題・共有スペースの使い方!日本人との共同生活で守るべきマナー

日本の共同生活で必ず守るべき4つのルールとは

世界一厳しい?日本のゴミの分別

外国人が日本に住んで、一番最初に戸惑うのは「ゴミの出し方」かもしれません。日本は自治体によってゴミの分別に差があるものの、「燃えるもの」「燃えないもの」「ビンカン」などはどこの自治体でも分かれており、収集日が違うことがほとんど。外国の多くはゴミは燃えようと燃えまいと、全て一緒のところに捨てるのが一般的なため、日本の細かいゴミルールはなかなか理解ができません。

これは生活の中だけでなく、例えばcafeやコンビニのゴミ箱も「燃える」「燃えない」くらいは分かれている場合が大半。日本はリサイクルの観点からゴミの分別が細かく決まっていることを最初にしっかりと伝えましょう。

騒音や大声など「生活音」の注意

日本は「壁が薄い」「部屋や敷地が狭いため、隣の家との距離が近い」という住宅事情もあり、比較的声が漏れやすい構造になっています。また日本人の多くが「自分もなるべく大きな音を立てて迷惑をかけないように生活をしている」ことから、周辺の家の騒音に対して寛容ではないという特徴があり「隣の家の騒音がうるさい」ことが原因のご近所トラブルは日常的に起きています。

一方、国によっては深夜まで複数人で騒いだり、大声や物音が漏れることに対して「お互い様」という文化も多数存在します。技能実習生は集団で生活していることも多くただでさえ声が大きくなりやすいので、「日本人は近隣の大きな声に敏感である」ことをしっかりと伝えておきましょう。

共同生活部分の使い方ルール

企業によっては、技能実習生が一緒に集団で生活するケースも多いと思います。住居は個室に分かれていてトイレやバスなどだけが共同だったり、大きな部屋に数人の実習生が生活していたりと様々。企業が実習生用のアパートを建てているような、部屋や建物全体に同じ会社の実習生しかいない場合はまだ良いですが、借り上げとして部屋を借りている場合は、実習生も「日本の生活ルール」を徹底的に守らなければなりません。

そこで気をつけなければならないのは、トイレやバス、キッチンなどの共用スペースの使い方です。他の住民とトラブルを起こさないために、以下のようなことを事前にしっかりと伝えましょう。

  • 自分の持ち物にな必ず名前を書く
  • 自分のもの以外は勝手に使わない
  • 使用した場合は、必ず終わったら使用前の状態に戻す(出したものはしまう・洗面台を使ったら水をふくなどなど)
  • 何時まで使って良いか、時間を確認する
  • 場所によっては定期的に掃除を行う

基本的には室内では靴は脱ぐ

一般的に知られている通り、室内でも普通に靴を履いて生活をしている国はたくさんあります。しかし日本の場合、特に集団生活であればそれは厳禁。住む場所のルールによって異なりますが「どこまでは靴を履いてOK」「どこからは脱がなくてはいけないか」ということをしっかりと伝えましょう。

読んでみていかがでしたか?日本人がマンションやアパートに住むとなった際に「当たり前」とおもうことばかりではないでしょうか。しかしこれが外国人にとっても当たり前とは限りません。近隣のトラブルは非常に大きな問題になりかねないので、日本で生活を始める際には禁止事項はしっかりと伝えましょう。

この記事をシェアする

コメント / 投稿

承認されたものから表示されます。